リデュースとサノレックスはどちらが効果ある?

サノレックスとリデュースどっちが効く?

サノレックスとリデュースどっちが効く?

サノレックスとリデュースはどちらも食欲抑制剤です。ダイエットをしたいのに炭水化物が好きでやめられないという方や夜中についつい間食をしてしまう。

食欲を抑えられずに何度もリバウンドをしてしまうという方が利用することで食欲を抑制することができるので、ダイエットサポートに効果的です。

そんな食欲抑制剤としてよく知られているのがサノレックスとリデュースです。効果の違いはあるのでしょうか。まず、サノレックスは有効成分マジンドールを配合してあります。

マジンドールには脳に働きかけて満腹中枢を刺激して食欲を抑制する作用があります。そのため、服用することで間食や食べすぎを抑制して、ダイエットサポート効果を得ることができるのです。

しかし、この薬には口が乾きやすくなったり、便秘や下痢になるなどの副作用が生じる可能性があります。そのため、服用する際には注意が必要です。しかし、この食欲抑制剤は国内で承認されている薬です。

そのため、医師の処方を受けるだけで入手することができます。そのため、安心して使いやすいのです。一方、リデュースにはジブトラミンという成分が主成分として配合されています。この成分には高い食欲抑制効果があります。

そのため、アメリカやオーストラリアで一大ブームとなりましたが、実はこの成分には強い副作用があります。不眠や不妊、心臓発作など命の危険を伴う副作用が生じたことから危険性が高いとされ、国内では流通禁止になっています。

そのため、手に入れるためには輸入しなくてはいけません。このように、2種類の食欲抑制剤は同じように脳に働きかけることで食欲を抑制することのできる薬です。

効果は同じくらいですが、安全性に関してはサノレックスの方が高いと言えます。サノレックスは医師の処方によって使うことができるので、副作用が出た際は医師に相談して服用の仕方を相談することができます。

一方、リデュースは危険性が高く、国内での流通が禁止されているので、医師に相談すれば使用を止められます。その上、命の危険が生じる可能性もあります。そのため、使用するなら安全性の高い方がおすすめです。

そして、ダイエットを成功させたいからといって併用するのは控えてください。同じ効果のものを合わせて使えば高い効果が得られそうに感じがちですが、その分、リスクも高くなります。

そのため、抑えられない食欲を抑制するなら、国内流通が承認されている方がおすすめです。