リデュースという食欲抑制剤はどんなお薬?

食欲抑制剤のリデュース詳細

食欲抑制剤のリデュース詳細

ダイエットをしたいと願う多くの方々の間で人気が高まっている食欲抑制剤に、リデュースと呼ばれる薬があります。黄色のカプセル状になったこの薬は、見かけはまるでビタミン剤のようだと言えるでしょう。

人気のリデュースには、主に二つの効果があると言われています。一つは食欲を抑制する効果で、もう一つは脂肪を燃焼させる効果です。

食欲抑制剤のリデュースには、ジブトラミンと呼ばれる成分が含まれています。恐らく、あまり耳にすることがない名称ですが、このジブトラミンはセロトニンとノルアドレナリンの両方の機能に働きかける効果があることで知られています。

例えば、そのうちの一つであるセロトニンは、神経を脳に伝達している物質で、精神や感情などをコントロールするという重要な役割を果たしています。それに加えて、このセロトニンは、食欲にも非常に大きな影響を及ぼしていると言えるのです。

つまり、セロトニンの分泌量が少なくなると、食べても食べてもなかなか満足感が得られなくなり、やけ食いを起こす可能性が高くなってしまうと言われています。それに対して、セロトニンの分泌量が増えると、幸福感や満足感を感じやすくなるのです。

食欲抑制剤として人気が高いリデュースは、まさにこのセロトニンの働きを調整する作用を持つジブトラミンによって、食欲を抑えることができるのです。

ジブトラミンが働きかけることのできるもう一つのものは、ノルアドレナリンです。ノルアドレナリンとは、交感神経の末端部分から分泌されているホルモンのことです。

実際にノルアドレナリンの分泌によって、脂肪を燃焼させる効果を期待でき、結果として痩せやすい体質作りにつながるというわけです。

このように、食欲抑制という働きと脂肪燃焼という働きを備えているという点で、優れた食欲抑制剤のリデュースですが、メリットやデメリットを十分理解した上で服用するようにしたいものです。

何と言っても最大のメリットは、食事を我慢するというストレスに悩まされることが無いことでしょう。無理な食事制限によって過度のストレスを感じ、リバウンドで食べ過ぎてしまうといった事態を避けることができます。

もちろん、ノルアドレナリンに働きかけることによって交感神経を興奮させてしまい眠気が薄れてしまうといった面があるのも事実です。それで、服用量などをしっかりと守り、無理のない服用をすることによって、効果的に食欲を抑制できるようにしましょう。