サノレックスという食欲抑制剤はどんなお薬?

食欲抑制剤のサノレックス詳細

食欲抑制剤のサノレックス詳細

サノレックスは日本で初めて認可された食欲抑制剤です。主な成分はマジンドールで、肥満症の治療に利用されています。

飲めば痩せるという薬ではなく、肥満症自体を治すというよりも食欲を抑えることが目的で、運動によるダイエットとセットにすることが重要です。気軽なダイエット薬ではないので、効果や副作用などを理解し、適切に服用しましょう。

サノレックスは処方箋がないと入手できず、医師の適切な診断が必要となります。医師の診断によって、重度の肥満症の人に処方方された場合、健康保険が適用されますが、自由診療の場合は保険が適用されないケースにおいて処方してもらうえます。

但し、医師の判断によって処方されなかったり、医療機関によっては価格が異なることもあるでしょう。近年、インターネットを使って薬を個人輸入している人もいますが、サノレックスの場合は向精神薬に分類されるので、法律の関係上個人輸入は禁止です。

通信販売での購入もできません。保険適用できるサノレックスの処方には基準があり、基本的にBMIが35以上、または肥満度が+70%以上になります。食事療法や運動療法などを行っているが、効果が出ていない方も当てはまります。

やや太っているという人には処方することはできず、基本的に食事療法や運動療法によるダイエットの補助薬と言う位置付けになります。BMIの計算方法は、「体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))」になります。

サノレックスは摂食中枢や満腹中枢などを刺激することによって、食欲を抑制する効果があります。消費エネルギーを促進したり、代謝機能の改善ももたらします。つまり、食欲を抑え、消費カロリーを増やすことになります。

臨床試験の結果では、実際効果が確認されていて、中等度以上は43.2%、軽度以上は70.5%の改善が患者に見られています。軽度の改善が75%あるので、かなりの効果が期待できるでしょう。

この結果はBMIが35以上ある患者に使った結果になり、肥満度がそれほど高くない人が使用した場合、同じような効果が期待できるとは限りません。肥満度が高くないと、薬の適応はないことになります。

服用の仕方は、一般的に薬を飲んでから効果が現れるまで、時間は15分〜30分と言われています。食事の直前ではなく、30分ぐらい前までに飲んでおくと効果を実感することができるでしょう。緑内障や重症の心障害のある人は服用することができないので注意が必要です。